キャリアアップと結婚、出産

092744.jpg女性がキャリアアップしたいと思っていても、
結婚や出産でキャリアアップが
中断してしまうと考える人がいるようです。

しかし、長い目で見れば
結婚や出産でキャリアの育成が遅くなることはあっても、
諦める必要はありません。

自分のキャリアをプランニングするとき、
5年後、10年後というように
長期的な視野で見ていくことが大切です。

女性の起業家が急増中?

094781.jpg最近はインターネットの普及などで、
どこに住んでいても
誰もがビジネスチャンスを持っていると言われています。

特に女性が起業する機会も多く、
今まで主婦業をしていた人でも、
自分で商売をはじめるという人も多くなっています。

もちろん、
開店資金も作ることができないことも多いので、
自宅でできることから始めることもできます。

経理の仕事でのキャリアアップ

087014.jpg経理の仕事は様々な分野の企業にも
必ずといっていいほど必要な人材になりますので、
何気なく働いてキャリアアップはあまり考えていない
という人もいるかもしれません。

しかし、
経理こそキャリアアップで様々な企業をわたり歩き、
スキルを取得しながら出世を目指すこともできるのです。

経理の仕事は様々ありますので、
どの分野に強ければ仕事が沢山あるかというと、
多くの方が主計の仕事だと言います。

看護師のキャリアアップ

089454.jpg看護師は他の職業とは違い、
様々な働き方があり、
求人数も多いので、
特にキャリアアップを考えている人も
少ないかもしれません。

ただ、今後は看護師もより専門性が求められたり、
新たな資格を取得したりなどの
キャリアアップが求められる時代になってきます。

医療事務からのキャリアアップ

083430.jpg医療事務で何年も働くことは可能ですが、
医療事務のこれからは
さらなるキャリアアップを目指す時代がやってきます。

近年医療業界も電子カルテなどの
情報技術の進歩が見られていますから、
医療事務もできるだけ技術についていけるような
スキルを習得するのが大切です。

というのも、
海外では医療費の請求業務は
外注になることがほとんどで、
日本も将来的には外注でのシステムに
変更されることが予想されます。

通信教育で学ぶ

073589.jpg社会人で実際働いている人でも、
新たな資格を取って見たいという人は沢山います。

そんな人のために、
近年通信教育も発展して
様々な資格を取得することができます。

通信教育には、
その技術が上達するもの、
認定資格が取れるもの、
国家資格を受験することができる資格を得ることができるものに
分けることができます。

女性のキャリアアップ

080308.jpg近年、女性が社会進出が著しく、
今までは男性しかいないような職場でも、
女性が活躍しているところも多くあります。

ただ、企業によっては
キャリアアップできたとしても
それを補う環境が整っておらず、
女性の活躍が阻害されている
といった問題点も指摘されています。

女性がキャリアアップする場合には、
職場によって大きく左右するということが考えられます。

派遣労働からのキャリアアップ

077696.jpg現在、派遣社員やアルバイトなどで
生計を立てている非正規労働者が多くなり、
いつ解雇されるかわからないというような不安の中
仕事をしている人もいるでしょう。

国としても、ハローワークなどを通じて
正規雇用を促すキャリアアップ資金制度を確立したり、
安定した求人を紹介したりする取り組みが随時行われています。

特にキャリアアップハローワークと呼ばれている施設では、
非正規雇用で働いている人の求職活動を
応援する取り組みを様々行っています。

キャリアアップの考え方

073893.jpg一概にキャリアアップをしたいと思っていても、
業種によってキャリアアップの仕方は変わってきますし、
手段も違ってきます。

将来的にどのようなキャリアを習得したいのかにもよりますが、
そもそもキャリアアップには2つの進み方があります。

まずは、1つのスキルをとことん深め、
スキルの深化を目指していく深化型キャリアアップです。

深化型キャリアアップには熟練した技や技術、
ノウハウなどが必要になりますので、
経験年数が関わってくることが多くあります。

資格はあった方が有利?

070285.jpg一時期「資格はあった方がいい」といって、
様々なジャンルの資格を
趣味のように取ったという人もいるかもしれません。

ただ、最近では資格は
より適正なものをとるといったスタンスが大切であり、
多ければ採用に有利というわけではないようです。

特に、自分の働きたい業種と
あまり関係がない資格を履歴書に書いても、
実際の就職には関係がないことがあります。